HOME サービスのご案内>シェアードサービスセンターサポート

シェアードサービスセンターのサポート業務

シェアードサービスセンターにおける社会保険・給与計算をはじめとした人事関連業務を当社のスタッフ(※)がシェアードサービスセンターに常駐して行います。このことにより業務ボリュームの変化にも対応できる体制が作れ、業務の安定・コストメリットにより、これからのシェアードサービスセンターの戦略的な発展に寄与します。

※社会保険に関しては、社会保険労務士法人パイン総合研究所のスタッフが担当します

シェアードサービスセンターにおけるアウトソーシング活用のメリット

経営効率化 業務にかかる人件費削減によりグループ全体の経営効率が向上します。
スリム化 シェアードサービスセンターの組織をスリムにすることができます。
人材有効活用 シェアードサービスセンターの人材をより付加価値の高い業務に配置することができます。
精度向上  専門性の高いスタッフが業務を行いますのでより迅速で円滑なサービスが実現します。
新規事業展開 業務ボリュームの変化に対応できる体制となるので、グループ外への新規展開も可能です。

シェアードサービスセンターのサポート業務の導入プロセス

社会・労働保険業務・ペイロール業務をアウトソーシングする場合

「導入スケジュール」「書類の格納方法」「システムの確認」等、導入に必要なアクションプログラムを作成します。お客様に確認のうえ確定します。

シェアードサービスセンターにアウトソーシングを導入するためのメンバーをご紹介いたします。マネージャーをはじめ導入準備メンバー・実務担当メンバーのご紹介をさせていただきます。

導入準備に必要なアクションを実行します。

社員やグループ会社へアウトソーシング導入についてのアナウンスをします。
アナウンス方法については、当社からご提案いたします。

導入アクションプログラムを完了させて導入開始です。
※アクションプログラムには、開始後引き続き実行する項目もあります。